会社情報

ごあいさつ

 当社は、日本原燃グループの一員として、我が国唯一の原子燃料サイクル施設を警備する会社として、昭和63年4月25日に設立されました。
 警備対象であります施設は、我が国のエネルギー政策、原子力政策上極めて重要な施設であり、この施設の厳正な警備業務が要請されています。
 当社は、こうした要請に応えるべく、一人ひとりが高いレベルの「心・技・体」を身に付けた社員を有する警備会社を目指しています。
 そして、信頼される警備会社を維持・発展させていくためには、社員の気概が最も重要であることから、「社員は会社の宝である」との運営方針を掲げ、社員一丸となって警備力の強化と健全経営の確立に取組んでいます。
 現在、その具体的な取組みとして、社員に使命感と誇りを定着させるために、二つの改革に取組んでいるところです。
 一つは、全社員のマインドを同じ方向とする「RGKプライド(行動規範4項目)」を策定し、これを浸透させるための「RGKプライド」定着化運動です。
 二つ目は、社員一人ひとりの向上力を促すため、積極的な警備技能の向上や業務改善などをしっかりと評価することとし、優秀な社員やチームを表彰する制度や、優れた提案を表彰する提案制度などを設け、努力した社員、頑張った社員が目に見える形で報われる仕組みを進めています。
 この「RGKプライド」の定着化運動を通じて内面(心)からの意識改革を行うとともに、努力した、頑張った社員を適切に評価する仕組みを通じて外面(物)の充実を図り、この両輪をしっかり噛み合わせることで、社員一人ひとりが会社の主役であるとの自覚を醸成し、活力の満ちた会社づくりを進めていくこととしています。
 また、当社は、社員の仕事に対する誇りと使命感を、より一層高めるために平成28年12月より、警備職員の呼称を「警備員」から「警備士」へ変更したところです。
 今後とも当社事業により一層のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 

 

ロゴマーク

コンセプト

警備→夜というイメージから星をキャラクターの内に入れこんで、“スター・守護”の意味、楕円のラインは“地球”を意味する。
RGKは“六ヶ所原燃警備株式会社”のローマ字略語